ニュース

広島が集中打で一挙4得点! スタメン起用の安部&長野に快音

無断転載禁止
広島・長野
2020.07.02 18:00
東京ヤクルトスワローズ 9 終了 5 広島東洋カープ
神宮
ヤクルト - 広島
<2回戦・神宮>


 広島の新打線が一気に畳み掛けた。敵地で行われている2日のヤクルト戦で、相手先発のガブリエル・イノーアを攻略。3回に一挙4得点の先制攻撃を見せた。

 この日は菊池涼介と西川龍馬がスタメンから外れ、安部友裕が「2番・二塁」、長野久義が「3番・中堅」に入るラインナップ。

 0-0の3回に先頭の1番・ピレラが中前安打で出塁すると、足で揺さぶる姿勢も見せながら、2番・安部が右翼線二塁打を放ち二・三塁のチャンスメーク。続く3番・長野の叩きつけた打球が三塁手の頭上を越える適時二塁打となり、“新・上位打線”で先制点を叩き出した。

 この後、さらに4番・鈴木誠也の右中間フェンス直撃の適時二塁打、6番・會澤翼にも中前適時打が飛び出し、この回4連打を含む5安打を集め4得点。一気に畳み掛ける攻撃で、イノーアを3回4失点でノックアウトした。

 援護をもらった広島の先発・九里亜蓮は、得点直後の3回裏に代打・西田明央に一発を浴びたものの、このソロ本塁打がこの試合許した初めてのヒット。開幕2連勝を目指し、テンポよくアウトを積み重ねている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西