ニュース

ヤクルト・村上がサヨナラ満塁ホームラン! “確信歩き”の一発で熱戦に終止符

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆
2020.07.02 18:00
東京ヤクルトスワローズ 9 終了 5 広島東洋カープ
神宮
○ ヤクルト 9x - 5 広島 ●
<2回戦・神宮>

 ヤクルトが今季2度目のサヨナラ勝ちで2連勝を飾り3位浮上。5-5の9回、最後は4番・村上宗隆がサヨナラ満塁ホームランを放ち試合を決めた。

 この日は先発のイノーアが3回4失点でノックアウトされるも、3回裏の代打・西田明央のソロアーチですぐさま反撃開始。「5番・遊撃」で先発出場していた西浦直亨も4回に3号2ラン、7回に4号ソロと2本の同点弾を放ち、最終盤まで1点を争う接戦に持ち込む。

 そして5-5で迎えた9回、先頭の坂口が相手守護神・スコットから四球を選んで出塁すると、山田の内野安打、青木の右前打と打線が繋がり無死満塁。最高のお膳立てに、最後は4番・村上が左中間へ打った瞬間“確信歩き”のグランドスラムで試合を決めた。

 投手陣は4回から星知弥が3イニング1失点と試合を立て直し、終盤3イニングは梅野、マクガフ、石山が無失点リレー。9回を三者凡退に抑えた石山が今季初白星(1勝1敗1セーブ)を手にした。

 連敗の広島は5位後退。7回に1点差で同点弾を浴びたフランスアと、劇的決勝弾を許したスコットの助っ人リリーフ陣が誤算だった。スコットは21日のDeNA戦同様、一死も奪えずに決勝点を献上し今季2敗目(0勝0セーブ)。またしてもブルペンの不安を露呈し接戦を落とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西