ニュース

『みんなのプロ野球プロジェクト』 第4弾 ラジオ史上初!!話題の『リモート応援システム』活用 リスナーがスマホでナイター中継に参加! ニッポン放送 「ショウアップナイター」 7月4日(土) 17時40分~

無断転載禁止
今シーズン「みんなのプロ野球!」をキャッチフレーズに、球場に行けないが試合の臨場感を分かち合いたい全ての野球ファンに開幕から圧倒的な支持を受けているニッポン放送の看板プログラム「ニッポン放送ショウアップナイター」。

開幕から様々な『みんなのプロ野球』企画をお届けしているが、7月4日(土)の中継では、『新しいスポーツ観戦スタイル』として、日本中のスポーツファン、そしてプロ野球、Jリーグをはじめ様々なスポーツチームから熱い注目を集めるヤマハ株式会社のリモート応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)』を活用し、リスナーがラジオのナイター中継に、手元のスマートフォンを使って「歓声」で参加できる企画を実施する。

『Remote Cheerer powered by SoundUD』は、試合展開に合わせてスマートフォン専用サイトの「応援ボタン」をタップした人数に応じて、スタジアム内に設置したスピーカーから歓声や拍手の音を流すことができるシステム。「ケガや病気で入院中の子ども達、子育てなどで多忙な方、障がいや高齢などさまざまな理由でスタジアムに足を運ぶことができないサポーターが、スタジアムにいるサポーターと一緒に応援できるよう、その声援を現場に届けたい」との想いから開発されました。また、昨今の新型コロナウイルス感染症の再拡大に備える状況下にあって、ソーシャルディスタンスを保ち、新しい生活様式に対応しながら応援を楽しめる技術としても高い注目を集めている。

ニッポン放送では、ヤマハ株式会社と共同で、このシステムをラジオ中継への活用を検討し実験を行ってきた4日(土)の「ショウアップナイター」では、神宮球場から東京ヤクルトスワローズ×横浜DeNAベイスターズの一線をお届けするが、この試合の18時~18時50分の間に、リスナーが手元のスマートフォンより専用ホームページにアクセスし、ボタンをタップすることで、ラジオの音声に昨年ニッポン放送が収録した「野球場の大歓声」やヤクルトの応援歌「東京音頭」を流すことが可能になる。タップしたリスナーの数が増えれば増えるほど、歓声が大きくなる、まさに『スマホで参加するナイター中継』となる。(※神宮球場が中止の場合は、メットライフドームの埼玉西武ライオンズ×オリックスバファローズの中継で実施する)

なお、同システムのラジオ放送の連携は史上初で、両社では今後も様々な連携を模索していく。まさに『無観客試合だからこそ可能なプロ野球ラジオ中継の新スタイル』にご期待頂きたい。

当日の専用サイトアクセスは

https://storage.googleapis.com/owen-demo-279108-webapp/index.html#/cheering/6bzcn1mez1b1zjlo/1/0

もしくは、当日、下記のQRコードにて



■番組タイトル 「ニッポン放送 ショウアップナイター 東京ヤクルトスワローズ×横浜DeNAベイスターズ」
■中継スタッフ 解説:谷繁元信 実況:ニッポン放送・煙山光紀アナウンサー
■放送日時 7月4日(土) 17時40分~試合終了まで
※延長あり、試合終了まで完全中継
■Twitter @showup1242
■メールアドレス 89@1242.com
■HP https://baseballking.jp/showup
■ハッシュタグ #showup1242
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM