ニュース

川相氏、4回4失点の中日・吉見は「リズムに乗れなかった」

無断転載禁止
中日・吉見一起
2020.07.04 14:00
読売ジャイアンツ 7 終了 3 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 7 - 3 中日 ●
<2回戦・東京ドーム>

 中日の吉見一起が4日、巨人戦に先発したが4回6安打4失点で降板した。

 0-0の初回、先頭の重信慎之介が右安、続く坂本勇人に四球を与えると、3番・丸佳浩に先制3ランを浴びる。2回は簡単に二死としたが、坂本に被弾。3回と4回は無失点に抑えたが、吉見は4回を投げ終えたところで降板となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、吉見の投球に「立ち上がり相性の悪い重信にヒットを打たれて、そこからリズムに乗れなかったですよね。また、ストライクのようなボールの判定ひとつで、ガラッと変わったと思うんですよ。ストライクの判定がなかったことで、(初回の)3失点に繋がったと思います」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM