ニュース

楽天・浅村、パ1位タイの6号 西武でも同僚の涌井&岸登板時は全試合アーチ

無断転載禁止
2020.07.04 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
楽天生命パーク

18年オフに西武からFA移籍、4番として絶好調!


 楽天の浅村栄斗内野手(29)が4日、ロッテ5回戦(楽天生命パーク)の3回に、パ・リーグ1位タイの6号ソロを放った。

 楽天は腰の張りで出遅れていた先発・岸の復帰戦。この試合「4番・指名打者」でスタメン出場した浅村は、1-1の同点で迎えた3回、二死無走者の場面でロッテ先発・種市と対戦。6球目の真っ直ぐを豪快にバックスクリーン右へ運び、「打ったのはストレートです。完璧ですね。岸さん、頑張れ!!」と談話を残した。

 今季6本目の本塁打は、現在リーグ1位の中田(日本ハム)と並びトップ。浅村は新加入した涌井が登板した6月24日の日本ハム戦(楽天生命パーク)、7月1日のロッテ戦(楽天生命パーク)でも本塁打を放っており、これで西武でも同僚だった先輩右腕の登板試合は今季3戦3発となった。

 試合は7回終了後、雨のため中断。そのまま降雨コールドゲームとなり3-1で楽天が勝利した。雨天のなか粘った岸は、5回1失点で今季初勝利。楽天はパ・リーグ最速で10勝目を挙げ、ロッテを抜き単独首位に躍り出た。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西