ニュース

阪神、大瀬良打ち崩し連敗ストップ! 近本躍動3安打3打点、岩貞今季初勝利

無断転載禁止
阪神・近本光司
2020.07.04 14:00
広島東洋カープ 3 終了 9 阪神タイガース
マツダスタジアム
● 広島 3 - 9 阪神 ○
<1回戦・マツダスタジアム>

 阪神は連敗を「4」でストップ。開幕から2試合連続完投勝利中だった広島先発・大瀬良から4回までに5点を奪った。

 阪神は初回、開幕から苦しむ1番・近本が二塁内野安打で出塁。二死二塁後、4番・マルテが左中間席中段へ飛び込む2号2ランを放ち先制した。2回は8番・木浪の二塁打などで一死一、三塁とし、近本の中犠飛で3点目。4回は6番・サンズ、7番・梅野の連打で無死二、三塁の好機を作り、二死後、近本が2点適時打を右前へ運び、大瀬良をこの回限りでノックアウトした。

 7回以降も3番・糸井の左前適時打、途中出場・大山の右越え1号ソロなどで4点を追加。1番・近本は3安打3打点4出塁と大活躍し、5番・ボーア、7番・梅野もそれぞれ猛打賞をマークした。

 投げては先発・岩貞が6回3失点で今季初勝利(1敗)。7回以降は岩崎、スアレス、馬場が無失点リレーで試合を締めた。

 広島は開幕から2連勝中だった先発・大瀬良が、4回8安打5失点と崩れ今季初黒星(2勝)。打線は11安打を放ちながらも3得点に終わり、本拠地開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西