ニュース

オリックス、吉田正の3号2ランで逆転勝ち 西武は救援陣が2点リード守れず

無断転載禁止
オリックス・吉田正尚
2020.07.04 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 4 オリックス・バファローズ
メットライフ
● 西武 3 - 4 オリックス ○
<5回戦・メットライフ>

 オリックスが8回に3点を奪い逆転勝ち。このカード2勝2敗1分けとし、今季初のカード勝ち越しに望みをつないだ。

 オリックスは西武先発・松本の前に、7回まで6番・ロドリゲスの2号ソロによる1得点のみ。それでも2点を追う8回、西武2番手・森脇に対し、2番・大城の左前適時打で1点差に迫った。なおも一死一塁で、続く吉田正が西武の3番手左腕・小川から逆転となる3号2ランを右翼ポール際へ。主砲の一撃で4-3と逆転した。

 先発の田嶋は4回に3点を失うも、それ以外のイニングは得点を許さず7回5安打3失点で今季初勝利。リードを奪った8回以降はヒギンス、ディクソンの継投で逃げ切り、ディクソンは今季初セーブ(1敗)をマークした。

 西武は先発の松本が7回5安打1失点と好投するも、救援陣がリードを守れず逆転被弾の小川が今季初黒星(1勝)。打線は4回に3点を先制したが、中盤以降は好機を生かせなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西