ニュース

阪神、今季初の連勝&勝ち越し ボーア満弾&大山2戦連発、西勇輝初勝利!

無断転載禁止
阪神・大山悠輔
2020.07.05 13:30
広島東洋カープ 3 終了 8 阪神タイガース
マツダスタジアム
● 広島 3 - 8 阪神 ○
<2回戦・マツダスタジアム>

 阪神打線が2戦連続で機能し、今季初の連勝とカード勝ち越しを決めた。

 阪神は1点を追う3回、広島先発・遠藤を攻め、二死満塁から4番・大山の押し出し死球で同点。なおも満塁と好機は続き、5番・ボーアは遠藤が投じた3球目のチェンジアップを完璧に捉えた。打球は右翼席中段へ着弾し、広島の右翼・鈴木は一歩も動かず。主砲の来日初となるグランドスラムで、阪神は5-1と広島を一気に突き放した。

 5回には、4番・大山が2戦連発の2号2ランを左翼席へ。さらに、6番・サンズにも左中間席へ飛び込む2号ソロが飛び出し8点目を奪った。

 先発の西勇輝は2回に先制を許すも、打線の援護を受けたあとは安定した投球。8回122球、6安打7奪三振3失点の好投で今季初勝利(1敗)を挙げた。

 広島は今季ワーストの4連敗。先発の遠藤は5回7四死球8失点と崩れ今季初黒星を喫した。打線は1番・ピレラ、2番・菊池涼、3番・西川の上位陣がいずれも4打数無安打。チーム全体で6安打3得点とつながりを欠いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西