ニュース

大矢氏、ヤクルトバッテリーのDeNA・ソトへの配球に苦言

無断転載禁止
DeNAのネフタリ・ソト
2020.07.05 17:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 8 横浜DeNAベイスターズ
神宮
● ヤクルト 1 - 8 DeNA ○
<3回戦・神宮>

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、7回にDeNA・ソトにライト前ヒットを打たれた打席のヤクルトバッテリーの配球について言及した。

 5回に先発・高梨裕稔、捕手・嶋基宏のバッテリーは、ソトに満塁本塁打を浴びた。続く7回一死一塁の打席で、投手・星知弥、捕手・井野卓のバッテリーは、2ボール2ストライクからの5球目のアウトコースのストレートをライト前に弾き返されてしまった。

 大矢氏はヤクルトバッテリーに「なんでインサイドいかないのかなと思いますけどね。インサイドにいったかもしれないんだけど、キャッチャーがアウトコースに構えたといえないアウトコースが、その前にありましたでしょう。1ボール2ストライクでバッテリーが有利なんですよね。あのカウントでインサイドを入れないといけないんですよね。ボールが平行カウントになると、投手はストライクを入れにいくからああいうことになってしまうんですよね。バッターの思う壺ですよね」と苦言を呈した。

 さらに大矢氏は「相手がボールを振ってくれないかなだけじゃ、勝負にならないんですよね。そういうところの攻めの徹底があるかと思って、期待したんだけど、全くなかったね。1年やるわけですから、どこかで厳しいボールを投げていかないといけない。そうでないと、いいように1年間打たれてしまいますよね」と厳しい言葉を並べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM