ニュース

大矢氏がDeNA打線の怖さを感じた場面は?

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2020.07.05 17:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 8 横浜DeNAベイスターズ
神宮
● ヤクルト 1 - 8 DeNA ○
<3回戦・神宮>

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、DeNAの8回の攻撃を評価した。

 4-0の8回、DeNAは簡単に二死となったが、7番・戸柱恭孝、8番・柴田竜拓の連続二塁打で追加点を挙げた。

 この攻撃に大矢氏は「戸柱、柴田の下位打線の2人の二塁打でのダメ押し点なんですよね。こういうところが打線の怖さだと思いますね。手を抜きたいような打線のところなんですけど、もう1点欲しいなというところであっさり取りましたね。打線は強力ですね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM