ニュース

ヤクルト・寺島がプロ初勝利! 「投げさせていただいた監督に感謝」

無断転載禁止
ヤクルト・寺島成輝
2020.07.07 18:00
中日ドラゴンズ 1 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
● 中日 1 - 2 ヤクルト ○
<4回戦・ナゴヤドーム>


 ヤクルトの4年目左腕・寺島成輝投手が同点の9回裏に6番手として登板し、1回を1安打、1奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利を手にした。

 この日は1点許せばサヨナラ負けの緊迫した場面で登板。一死から途中出場のアリエル・マルティネスに左安打を許したが、続く阿部寿樹を右飛、最後は大島洋平を外角低めのスライダーで空振り三振に斬り、試合を延長戦に持ち込んだ。

 チームは直後に押し出しで決勝点を挙げ、石山泰稚が走者を背負いながら無失点で切り抜け今季2セーブ目。寺島にプロ初勝利が転がり込んできた。

 寺島は試合後のヒーローインタビューで、「あのような場面で投げさせていただいた監督に感謝しています」と、起用した高津監督への思いを口にし、プロ初勝利について「両親、それから投げさせていただいた監督・コーチ、チームのみなさんに感謝したいと思います」と、これまで支え続けてくれた周囲の人々へ“感謝”の言葉を続けた。

 昨季までのプロキャリア3シーズンで一軍登板はわずか5試合と、ファーム暮らしが続いていたが、今季は開幕一軍を勝ち取り、すでに5試合に投げて自責点ゼロ。ブルペンの中で立ち位置を確保しつつある。

 今後に向けて「ビハインドで投げることが多いんですけど、本当に必死なので、これからも継続していきたいと思います」と、さらなる活躍を誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西