ニュース

中日のA.マルティネスが来日初打点!先発マスクで初回に適時打

2020.07.08 18:00
中日ドラゴンズ 5 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
中日 - ヤクルト
<5回戦・ナゴヤドーム>


 中日のアリエル・マルティネス選手は8日、本拠地で行われているヤクルト戦に「6番・捕手」で先発出場し、来日初タイムリーを放った。

 初回に2点を先制し、なおも二死一塁と攻め込む場面で迎えた第1打席。相手先発のイノーアが投じた低めの速球を捉えると、この打球がぐんぐん伸びて右中間フェンス直撃。一塁走者の高橋周平が一気に生還し、マルティネスは送球間に三塁を陥れた。(記録は右二塁打)

 マルティネスは来日3年目のキューバ出身の捕手で、7月1日に支配下登録。先発出場した5日の巨人戦でプロ初安打を含む猛打賞を記録すると、6日のヤクルト戦では途中出場で1安打を放っており、この日の一打で連続試合安打を「3」に更新した。

 マスク越しにリードするのは昨季ファームでバッテリーを組んだ経験もある山本拓実。2018年からドラゴンズの一員として戦っている“同期入団”の右腕へ、まずはバットで援護射撃となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西