ニュース

オリックス・ジョーンズが超ド級の5階席弾! 口火切った主砲が球団連続本塁打「11試合」に更新

無断転載禁止
オリックスのアダム・ジョーンズ
2020.07.08 18:00
オリックス・バファローズ 4 終了 10 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪
オリックス - 日本ハム
<2回戦・京セラドーム大阪>


 オリックスのアダム・ジョーンズ選手は8日、本拠地の日本ハム戦に「4番・左翼」で先発出場し、超特大の3号ソロホームランを放った。

 2打席凡退で迎えた6回の第3打席。一死走者なしのカウント1ボールから、相手先発・マルティネスの内寄りの147キロを捉えると、打った瞬間にそれとわかる一発。高弾道の一撃は大きな弧を描き左翼スタンド5階席上段に着弾した。

 この日はオリックス先発の鈴木優が2回に一挙7点を失い、打線もマルティネスの前に沈黙。一方的な試合展開が続いていたが、メジャー通算282本塁打を誇る4番が目の覚めるような一発。

 チームとしては6月26日のロッテ戦でジョーンズが先制弾を放ってから前日まで連続試合本塁打が続いており、この日の一発で2009年4月に記録した11試合連続本塁打に並んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西