ニュース

中日・高橋の先制打に鈴木孝政氏「追い込まれてから…」

無断転載禁止
中日・高橋周平
 中日の高橋周平が、先制打を含むマルチ安打をマークした。

 『5番・三塁』で先発出場した高橋は0-0の二死二、三塁の好機で、ヤクルト・イノーアが1ボール2ストライクから投じたチェンジアップをセンター前に運ぶ2点適時打を放った。

 この打撃に東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された8日の中日-ヤクルト戦で解説を務めた鈴木孝政氏は、「投げたボールも外に流れていくようなチェンジアップですけど、周平の軸足に体重が残っているから、泳いでもバットが出てくるんですね。この辺ですよね。追い込まれてからのバッティングがすごく上手になったというところですね。それにしても大きな先取点が入りました」と評価。

 高橋は続く3回無死一塁の第2打席、ライトフェンス直撃二塁打を放った。鈴木氏は「打ったボールは外へ流れるツーシームだったんですけど、うまく残している。前のめりにならなりませんもんね」と分析していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM