ニュース

オリックス-日本ハムは決め手欠きドロー 両軍とも失策が失点に直結

無断転載禁止
オリックス・西村監督
2020.07.09 18:00
オリックス・バファローズ 4 終了 4 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪
オリックス 4 - 4 日本ハム
<3回戦・京セラD大阪>

 延長10回の特例により引き分け。両チームとも失策が失点に絡んでしまった。

 日本ハムは2点を追う6回、3番・近藤の二塁内野安打が敵失を誘い1点を返すと、なおも無死一、二塁の好機で、4番・中田が7号3ランを左翼席へ運び4-2と逆転した。

 先発のバーヘイゲンは6回3失点と試合を作り、2勝目の権利を持って降板。1点リードの7回から継投に入ったが、8回に登板した宮西が2連続四球などで二死一、三塁のピンチを招くと、途中出場・若月の打席で、一走・ロドリゲスが二盗。これに対し、スタメンマスクの清水は二塁へ偽投したあと飛び出した三走・佐野を刺そうと三塁へ送球するも、これが悪送球となる間に同点となる佐野の生還を許した。

 オリックスは4回、5番・T-岡田の5号2ランで先制。先発の山崎福は5回まで無失点と好投していたが、続投した6回、先頭の1番・西川に四球、続く大田には左前打を許し無死一、二塁のピンチを招いた。

 3番・近藤にも痛烈なセンター返しを浴びるも、この打球を二塁・大城が好捕。しかし、二塁封殺を焦った大城が悪送球を犯してしまい、この間に二走・西川の生還を許した。西村監督は4番・中田を迎えたところで右腕の澤田にスイッチするも、これが誤算。澤田は大阪桐蔭高の先輩にあたる中田に痛恨の逆転3ランを浴びてしまい、山崎福の今季初勝利は消滅した。

 7回に伏見の1号ソロ、8回は足攻めで同点に追いつくも、9回、10回の好機でサヨナラの一打は生まれず。両軍とも今季2度目の引き分けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西