ニュース

阪神・ボーア、価値ある一発!狩野氏「失投を逃さず打ちましたね」

無断転載禁止
阪神のジャスティン・ボーア (C) Kyodo News
2020.07.09 18:00
阪神タイガース 2 終了 1 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 2 - 1 巨人 ●
<4回戦・甲子園>

 阪神のボーアが、甲子園初戦となった9日の巨人戦で、苦手の左投手から第3号2ランを放った。

 0-0の7回無死一塁から、5番・ボーアが巨人の先発・メルセデスが投じたスライダーを振り抜くと、右中間スタンドに飛び込む2ランとなった。

 この本塁打にMBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた狩野恵輔氏は、「本当にメルセデス選手が良かったなかで、1球の失投を逃さず打ちましたね」と振り返り、現在は5番を打っているボーアの打順については「変えない方がいいです。4番という打順に固定せず、5番がよければ5番で据えた方がいいと思います」と自身の見解を述べていた。

 ボーアは開幕から4試合連続無安打だったが、7月に入ってからは1日の中日戦で来日初本塁打を放つと、4日の広島戦で来日発の猛打賞、5日の広島戦では満塁本塁打を放つなど状態をあげている。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM