ニュース

ロッテ、連敗止め2位キープ 種市今季初勝利、菅野1号2ラン含む3打点

無断転載禁止
ロッテ・種市篤暉
2020.07.11 14:00
千葉ロッテマリーンズ 6 終了 4 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン
○ ロッテ 6 - 4 西武 ●
<4回戦・ZOZOマリン>

 初回に4点を奪ったロッテが逃げ切り勝ち。連敗を「2」で止め、リーグ2位の座を守った。

 ロッテは初回、3番に入った菅野が1号2ランを右翼席へ。さらに、5番・井上も4号2ランを左翼席へ運び4点を先取した。2回は1番・荻野の中前適時打で5点目。4回は菅野がこの試合3打点目となる右前適時打を放ち6点目を加えた。

 先発の種市は強風が吹き荒れる難しいコンディションの中、6回3失点10奪三振の力投。開幕から好投が報われない登板が続いていたが、この日は打線がしっかり援護し待望の今季初勝利(1敗)を手にした。

 3点リードの7回以降はハーマン、石崎、益田の継投。西武の反撃を1点で凌ぎ、益田は5セーブ目(1敗)をマークした。

 西武は先発の松本が序盤から失点を重ね、4回6失点で今季2敗目。打線は1番・鈴木のプロ初本塁打などで追い上げたが、反撃及ばず連勝は「2」で止まった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西