ニュース

燕・村上、浅い左飛で生還 真中氏「よくホームにいきました」

無断転載禁止
4回ヤクルト一死三塁、雄平の犠飛で村上が勝ち越しの生還。捕手大城=ほっともっと神戸(C) Kyodo News
2020.07.11 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 9 東京ヤクルトスワローズ
ほっと神戸
● 巨人 4 - 9 ヤクルト ○
<4回戦・ほっと神戸>

 ヤクルトの村上宗隆が、浅いレフトフライで三塁からホームインした。

 2-2の4回一死三塁で、雄平がレフトへフライを打ち上げると、タッチアップするには浅い打球だったが、三塁走者の村上がスタートを切って勝ち越しのホームを踏んだ。

 この走塁に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏は「よくホームにいきましたね。タイミングは完全にアウトかなというような当たりでしたけど、大城が捕球を焦って捕り損ねてタッチにいった。しっかり捕ってタッチしていればアウトかなというタイミングでしたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM