ニュース

巨人・鍵谷、簡単に二死を奪うも失点…真中氏「裏目に出ましたね」

無断転載禁止
巨人・鍵谷(C)Kyodo News
2020.07.11 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 9 東京ヤクルトスワローズ
ほっと神戸
● 巨人 4 - 9 ヤクルト ○
<4回戦・ほっと神戸>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏が、巨人・鍵谷陽平について言及した。

 鍵谷は2-4の7回からマウンドにあがり、先頭の嶋基宏を146キロのストレートで空振り三振に仕留めると、続く代打・宮本丈を145キロのストレートで空振り三振。

 簡単に二死を奪ったが、坂口智隆に安打、山田哲人に四球を与えると、続く青木宣親にセンターオーバーの2点適時二塁打を許した。結局、鍵谷は1イニング投げ切ることができず、村上宗隆を迎えたところで降板となった。

 真中氏は「ジャイアンツのベンチからすると、本来は青木のところで左ピッチャーを出したかったんですけど、走者を出すまでは鍵谷の内容がよかった。原監督も思い切って引っ張ったんですけど、ここは裏目に出ましたね」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM