ニュース

広島、連勝で4カードぶりの勝ち越し 西川&誠也で計5打点、遠藤先発初勝利

無断転載禁止
広島・遠藤淳志
2020.07.12 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 7 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
● 中日 2 - 7 広島 ○
<6回戦・ナゴヤドーム>

 広島は投打が噛み合い2連勝。4カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

 広島は初回、3番・西川の三塁線を破る適時二塁打で先制。2回は4番・鈴木の左前適時打で2点目を加えた。2-1の7回は代打・安部の右前打などで一死一、二塁とし、西川が再び適時二塁打を放ち3点目。さらに鈴木の2点適時二塁打、7番・堂林の中前適時打で6-1とリードを広げた。

 8回にも2番・菊池涼が中前適時打を放ちダメ押しの7点目。ピレラ、菊池涼、西川、鈴木と上位4選手が揃ってマルチ安打をマークし、西川は2打点、鈴木は3打点と中軸の二人で計5打点を記録した。

 投げては先発の遠藤が6回5安打1失点の力投。前回5日の阪神戦(マツダ)では7四死球を与えるなど5回8失点と乱れたが、この日は四球も2つに抑え、今季初勝利(1敗)をプロ入り後初の先発白星で飾った。

 中日は投打とも振るわず3カード連続の負け越し。7回途中4失点の先発・梅津は2敗目(2勝)を喫し、「7番・三塁」で一軍デビューを果たした注目のドラフト1位・石川昂は4打数1安打3三振の成績だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西