ニュース

中日、ドラ1石川昂が快音デビューも…3カード連続負け越しで借金「4」

無断転載禁止
中日・石川昂弥
2020.07.12 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 7 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
● 中日 2 - 7 広島 ○
<6回戦・ナゴヤドーム>

 投打が噛み合った広島は2連勝。中日は連敗で3カード連続の負け越しとなり、借金は今季ワーストの「4」となった。

 中日は一軍初昇格を果たしたドラフト1位・石川昂が「7番・三塁」で即スタメン出場。1点を追う2回、一死無走者の場面でプロ初打席を迎え、広島先発・遠藤からプロ初安打となる二塁打を左翼線へ運んだ。第2打席以降は3打席連続三振に倒れ、この日は4打数1安打。それでも、はつらつとした動きで本拠地ファンを沸かせた。

 ルーキーのデビュー戦を白星で飾りたいところだったが、この日も得点効率が悪く9安打で2得点。2点を追う3回は無死満塁の好機を作ったが、4番・ビシエドの右犠飛で1点を返したあと、続く木下拓、京田は揃って凡退した。

 先発の梅津は6回まで2失点と粘ったものの、続投した7回に無死一、二塁のピンチを招き降板。リリーフした祖父江が3本の適時打を浴びてしまい、梅津は7回途中7安打4失点の内容で今季2敗目(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西