ニュース

オリックスが3連勝で最下位脱出! 山本由伸が13奪三振1失点の快投で3勝目

無断転載禁止
オリックス・山本由伸
2020.07.12 13:00
オリックス・バファローズ 2 終了 1 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪

パの今季初完投!


 オリックスのエース・山本由伸投手が9回1失点、13奪三振の快投で今季初完投勝利を収め、チームは3連勝で最下位から脱出した。

 前日の囲み取材で「いつも通りの練習を意識しました。ファンの前で投げるのは初めてになるので、楽しみな気持ちと勝つ試合を見せられたなと思います。もっともっといいパフォーマンスが出来ると思うので、しっかり準備をしたい」と語っていた山本は、YouTubeを見ていて気にいった三阪咲さんの『We are on your side』を新たな登場曲に指定し、本拠地のマウンドへ。

 初回から155キロを記録するなど、5回1/3までパーフェクトピッチングを披露する完ぺきな立ち上がりを見せると、打線も2回に山足達也、安達了一のタイムリーで援護。バックの守備も“名手”安達の3度に渡るファンプレーで山本を盛り上げた。

 6回に一死から宇佐見真吾にセンター前に運ばれ、盗塁で二塁に進まれると、西川遥輝にタイムリーを許して1点差に。8回には先頭打者に出塁を許したが、ピンチバンター・杉谷拳士を捕邪飛に打ち取り、飛び出した一塁走者もアウト。結局、この回を3人で終えると、「いろいろ意見交換をして、いけるという結論」に至り、最終回もマウンドへ上った。

 終わってみれば9回を119球、無四球4安打1失点にまとめ、キャリアハイの13奪三振をマークした山本が、パの完投一番乗り。「やっぱり9回を投げるのは、とてもしんどい。また次の試合に向けて、しっかり疲れをとって、来週も良い1週間にできるようにコンディションを整えたい」と、次回登板に向けた抱負を口にした。

 オリックスは3連勝で最下位を脱出。最大で「8」あった借金も「3」にまで減り、西村徳文監督が直近の目標としている5割に向け、着々と歩みを進めている。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西