ニュース

中日・山本、2戦連続の5失点降板…二塁・石川駿が痛恨のベース踏み忘れ

無断転載禁止
中日・山本拓実
2020.07.14 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
ナゴヤドーム

4回に打者一巡の猛攻受け一挙5失点


 中日の山本拓実投手(20)が14日、DeNA4回戦(ナゴヤドーム)に先発登板したが、4回途中6安打5失点(自責点3)で降板した。

 3回まで走者を背負いながらもゼロを並べていたが、1点リードで迎えた4回、先頭からの安打と四球でピンチを作り、4番・佐野に同点適時打を許した、その後も四球を与えるなど一死満塁のピンチを招き7番・倉本の打球は遊ゴロ。中日内野陣は6-4-3の併殺を狙ったが、一塁がセーフになる間にさらに1点を失った。

 ここで二塁へ滑り込んだ一走・ロペスが三塁ベンチに向かって何やらアピール。ラミレス監督がリクエスト検証を要求すると、併殺を狙った際、二塁ベースカバーに入った石川駿がベースに触れていないことが判明した。

 山本は2点目を失い、なおも一死満塁の状況で続投。その後、8番・伊藤光に3失点目となる左前適時打を許すと、二死後、1番・梶谷に三塁線を破られる2点適時二塁打を浴び降板となった。

 山本は3回途中5失点だった8日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に続き、2試合連続の5失点KO。今季2勝目とはならなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西