ニュース

安仁屋氏、広島・ケムナの3球勝負に「これでいいですよ」

無断転載禁止
広島・ケムナ誠
2020.07.14 18:00
広島東洋カープ 2 終了 7 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 2 - 7 巨人 ○
<4回戦・マツダ>

 広島のケムナ誠が、力強いストレートを武器に1回を無失点に抑えた。

 1-7の7回からマウンドにあがると、先頭の大城卓三を150キロのストレートで見逃しストライク。このストレートに14日に放送されたRCCラジオの制作で、ニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた安仁屋宗八氏は、「ストレートは速いですよね」とコメント。

 148キロのストレートで簡単に追い込むと、最後は146キロのストレートで空振り三振に仕留めた。安仁屋氏は「3球勝負、これでいいですよね。どんどん勝負していったほうがいい。1球外すと読みやすくなりますからね」と評価した。

 続く陽岱鋼を中飛に打ち取ると、パーラを空振り三振で1回を三者凡退に抑えた。安仁屋氏はパーラへ投じた2球目のカーブはボールとなったが、「今のカーブはいいですよね。ストライクが取れるとピッチングが楽になりますよね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM