ニュース

巨人、苦手・ジョンソンから5得点!山崎隆造氏「いやらしい采配」

無断転載禁止
3回、無死満塁のピンチを迎え、マウンドのK・ジョンソン(左から2人目)のもとに集まる広島ナイン=マツダ(C) Kyodo News
2020.07.15 18:00
広島東洋カープ 1 終了 12 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 12 巨人 ○
<5回戦・マツダ>

 巨人が苦手の広島・ジョンソンから5点を奪った。

 昨季、ジョンソンに対し1勝3敗、防御率2.20と抑え込まれた苦手のジョンソンに対し巨人は初回、先頭の北村拓己が右安で出塁すると、続く坂本勇人が送りバント。二死二塁から4番・岡本和真が先制の適時打を放った。

 1-0の3回も先頭の北村が中安、続く坂本が四球、3番・ウィーラーは送りバントの構えを見せ、ジョンソンを揺さぶり四球を選んだ。

 15日に放送されたRCCラジオの制作で、ニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた山崎隆造氏は、「原監督の頭のなかにジョンソンの嫌がることといいましょうか、苛立たせたいという思いがあってのバントのサインかもしれませんね。それによって制球を明らかに乱していますよね」と分析。岡本の併殺打の間に三塁走者が生還し、続く中島宏之の適時打でこの回2点を挙げた。

 3-0の5回も先頭の北村が四球を選ぶと一死後、ウィーラーが移籍後第1号となる2ランを放った。苦手のジョンソンを相手に5回までに巨人打線は5点を奪った。

 山崎氏は、ジョンソンが降板した5回終了後に、巨人の攻撃、原監督の采配について「ジョンソンの性格等を踏まえたいやらしい采配のようにも見えましたよね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM