ニュース

中日、連敗を「3」でストップ 松葉移籍後初勝利、石垣好捕で1点リード死守

無断転載禁止
中日・松葉貴大
2020.07.15 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
ナゴヤドーム
○ 中日 2 - 1 DeNA ●
<5回戦・ナゴヤドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日は連敗を「3」でストップ。昨季途中オリックスからトレードで加入した先発・松葉が、6回途中6安打1失点の好投で移籍後初勝利を挙げた。

 今季初登板の松葉は初回から丁寧な投球。2回までパーフェクト投球を見せると、3回以降は走者を背負いながらも要所を締めた。すると3回裏、中日は4番・ビシエドの右越え2点適時二塁打で2点を先制。松葉は5回までゼロを並べ勝利投手の権利を得ると、ガッツポーズを作りながらベンチへ戻った。

 続投した2点リードの6回表、一死から3番・ソトに右越えのソロ被弾。続く佐野には右前打を許し、一発のある5番・ロペスを迎えたところで与田監督は右腕の藤嶋にスイッチした。藤嶋は暴投もあり二死二塁のピンチを背負ったものの、最後は6番・宮崎を右飛に退け1点リードを死守した。

 7回以降は祖父江、福、R.マルティネスの新たな必勝リレーで逃げ切り勝ち。8回は福が一死満塁のピンチを招いたが、5番・ロペスを空振り三振に仕留めたあと、続く宮崎の痛烈なライナーを途中出場の三塁・石垣がダイビングで好捕。福は11試合連続無失点とし、R.マルティネスは2セーブ目(1勝)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西