ニュース 2020.07.18. 20:57

阪神、5カード連続勝ち越しで借金残り「1」 西勇輝が完投で2勝目

無断転載禁止
阪神・西勇輝 (C)Kyodo News
2020.07.18 18:00
阪神タイガース 8 終了 3 中日ドラゴンズ
甲子園
○ 阪神 8 - 3 中日 ●
<5回戦・甲子園>

 阪神は3連勝で5カード連続の勝ち越し。最大「8」あった借金は残り「1」となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神は3回、無死一、三塁の好機を作り、一死後、1番・近本の二ゴロの間に先制。さらに二死二塁から、2番・糸原が右中間を破る適時二塁打を放ち2点目を加えた。

 5回は失策絡みで好機を作り、9番・西勇輝のスクイズなどで2点を追加。さらに3番・糸井の2点適時二塁打で6-0としたあと、続く大山が4号2ランを左翼席へ運び一挙6点のビッグイニングとした。

 先発の西勇輝は、立ち上がり走者を背負う投球も要所で2併殺を奪うなど5回までゼロ行進。8点リードになった6回に3点を失ったが、9回125球、9安打3失点の今季初完投で2勝目(1敗)を挙げた。

 中日は投打とも振るわず2連敗。5回は遊撃・京田の失策と2度のフィルダースチョイスなどで大量6点を失った。打線は阪神の5安打を上回る9安打を放つも3得点止まり。4回2失点の先発・勝野は2敗目を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西