ニュース 2020.07.19. 15:10

楽天・安樂、2者連続”打球直撃”も気合の続投 2番手で1回2/3無失点の好救援

無断転載禁止
楽天・安樂智大
2020.07.19 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 9 終了 5 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク

今季は中継ぎで良い仕事、16日に今季初勝利


 楽天の安樂智大投手(23)が19日、西武5回戦(楽天生命パーク)の3回途中から救援登板。2イニング目の4回に2者連続で打球が直撃するハプニングに見舞われたが、大事には至らず1回2/3無失点の好リリーフを見せた。

 楽天は初回、この試合3番に入ったロメロの5号ソロで先制するも、先発の岸が3回途中で5失点。三木監督は岸を早々と諦め、今季はリリーフ待機している安樂を2番手として投入した。

 安樂は2イニング目となった4回、先頭の9番・木村に2球目のスライダーを捉えられると、痛烈なゴロが安樂の左膝付近を直撃。方向が変わった打球は左翼前へ達し、記録は投手強襲の内野安打となった。マウンドにはトレーナーや内野陣が集まり状態を確認。安樂は無事を確認し、投球練習後に続投した。

 ところが無死一塁で、続く鈴木に投じた初球が再び痛烈なピッチャー返し。今度は腹部付近にライナーが直撃したが、安樂は真下に落ちたボールを素早く拾い上げ二塁封殺。一塁はセーフで併殺とはならなかったが冷静に一死を奪った。

 再びマウンドにトレーナーと内野陣が集結したが、安樂はここも無事をアピール。再び投球練習後に続投し、1回2/3、2安打無失点の好リリーフで、2-5の5回から3番手・宋にマウンドを譲った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西