ニュース

中日・松葉が2勝目!大西氏「真骨頂だった」

無断転載禁止
中日・松葉貴大
2020.07.22 18:00
中日ドラゴンズ 5 終了 0 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 5 - 0 巨人 ●
<5回戦・ナゴヤドーム>

 中日の松葉貴大が、首位・巨人打線を6回、4安打、無失点に抑え、2勝目を挙げた。

 松葉は右打者が8人並ぶ巨人打線に対し、4回以外は毎回走者を背負うピッチング。それでも、松葉は巨人打線にホームを踏ませなかった。3-0の5回二死二塁の場面では、丸佳浩を見逃し三振に仕留め、ガッツポーズを見せた姿は印象的だった。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された22日の中日-巨人戦で解説を務めた大西崇之氏は、松葉の投球について「前回より若干甘く入っているところがありましたけど、ランナーを出しても粘りつよくしっかり投げきりましたよね。打たせて取ることが特徴のピッチャー。ランナーを出しても粘りつよく投げる真骨頂だったのではないでしょうかね」と振り返った。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM