ニュース 2020.07.22. 23:11

ソフトバンクが粘りに粘った逆転勝ちで首位タイに!

無断転載禁止
ソフトバンク・松田宣浩 (C)Kyodo News
2020.07.22 18:00
福岡ソフトバンクホークス 3 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
PayPayドーム

7球粘った松田が決勝打


 ソフトバンクが再三のピンチで驚異的な粘りを見せ、日本ハム相手に3-2で逆転勝利。楽天と同率の首位に立った。

 試合はソフトバンクの先発・和田毅が「初回からヒット、フォアボールなど球数も多く、リズムの悪い投球になってしまった。今日は何ひとついいところがなかった」と振り返った通りの内容で、再三塁上を賑わせたが、右翼手・上林誠知のレーザービームや一死満塁からの併殺打など、バックの好守もあって4回までは無失点で持ちこたえた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 5回は四球と内野安打で無死一二塁としてクリーンアップを迎え、3番・近藤健介を遊飛に仕留めたところで和田は降板。後を受けた泉圭輔が4番・中田翔を三ゴロに打ち取って二死二三塁までこぎつけたが、ワイルドピッチで先制点を与えると、5番・大田泰示には適時打を打たれて2点を追う展開に。

 一方の打線も日本ハムの先発・マルティネスの前に6回まで1安打と完璧に抑え込まれてしまう。それでも7回、先頭の柳田悠岐がヒットで出塁すると、4番・中村晃が追い込まれながらもマルティネスの失投を見逃さず左中間に運び、柳田が生還して1点を返した。

 さらに、四球や盗塁などもあって二死二三塁で8番・松田宣浩に打席が回ると、マルティネスに代わってマウンドに上がった玉井相手に7球粘り、最後はセンター前に2点適時打を放って逆転。開幕してから苦しんできたベテランが「ようやくチームに貢献できた」と振り返った価値ある一打で、ついに首位に並んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西