ニュース

楽天、今季初の引き分けで再び単独首位 オリックス終盤に2点差追いつく

無断転載禁止
楽天・弓削隼人
2020.07.23 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 2 終了 2 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク
楽天 2 - 2 オリックス
<6回戦・楽天生命パーク>

 延長10回で決着つかず、今季の特例により引き分け。楽天は同率だったソフトバンクが日本ハムに敗れたため、再びリーグ単独首位に立った。

 楽天は0-0で迎えた6回、9番・小深田、1番・茂木の連打などで一死二、三塁とし、3番・ロメロの浅めの右犠飛で先制。三走・小深田の好走塁が光った。さらに、続く浅村の左前適時打で2点目。好調な中軸ふたりが打点を記録した。

 先発の弓削は立ち上がりから安定感抜群。ボールを低めに集めスコアボードにゼロを並べた。しかし続投した8回、3四死球を与え降板。一死満塁で火消しを託された2番手・ブセニッツが同点適時打を浴びた。

 9回以降は小刻みな継投で逆転は許さなかったが、サヨナラの一打は生まれず。打線は7回以降、3度得点圏に走者を進めたが、次の1点が奪えなかった。

 オリックスは7回まで4安打と打線が沈黙。それでも2点を追う8回、3四死球で一死満塁の好機を作り、4番・ジョーンズが同点の2点適時打を左前へ運んだ。

 先発の山崎福は7回途中2失点と力投。リリーフで登板した齋藤、ヒギンス、山田、ディクソンの4投手は無失点でつないだ。この日も終盤に粘りを見せ今季3度目の引き分け。敵地での楽天6連戦を2勝1分けで折り返した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西