ニュース

中日、完封リレーで連敗ストップ 石川昂マルチ&プロ初犠打、井領がV打!

無断転載禁止
中日・石川昂弥
2020.07.25 14:00
中日ドラゴンズ 1 終了 0 阪神タイガース
ナゴヤドーム
○ 中日 1 - 0 阪神 ●
<8回戦・ナゴヤドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日が4投手による完封リレーで連敗を「2」でストップ。阪神戦の連敗も「4」で止めた。

 中日は今季3度目の先発となる勝野が、6回4安打無失点と好投。打線の援護なく今季初勝利とはならなかったが今後に期待を抱かせた。7回以降は福、祖父江、R.マルティネスが無失点リレー。投手陣の完封リレーは今季4度目で、福が今季2勝目(1敗)、R.マルティネスは3セーブ目(1勝)をマークした。

 打線は阪神先発・西勇の前に6回まで無得点。それでも7回、先頭の7番・福田が中前打で出塁したあと、続く石川昂がキッチリ送りプロ初犠打を記録。二死三塁後、1番・井領が遊撃への適時内野安打を放ち均衡を破った。

 石川昂は第1打席に遊撃への内野安打、第2打席は左前打をマーク。西勇から今季2度目のマルチ安打、プロ初犠打を記録するなど勝利に大きく貢献した。

 阪神は今季3度目の完封負け。先発の西勇は7回8安打1失点と力投したものの、打線の援護なく2敗目(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西