ニュース

川相氏、サヨナラ勝ちのヤクルトに「しぶといチームに…」

無断転載禁止
ヤクルトの高津臣吾監督
2020.07.25 18:00
東京ヤクルトスワローズ 6 終了 5 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 6x - 5 巨人 ●
<7回戦・神宮>

 ヤクルトが川端慎吾の適時打でサヨナラ勝ちを収めた。

 5-4の9回に守護神・石山泰稚が陽岱鋼の犠飛で同点に追いつかれたが、その裏、打線は中川皓太から先頭の青木宣親が二塁打で出塁する。続く村上宗隆が敬遠で一、二塁とすると、山崎晃大朗がきっちりと三塁へ送りバント。エスコバーが敬遠で満塁となると、代打・川端のタイムリーでサヨナラ勝ちとなった。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏は山崎のバントに「ノーアウト一、二塁という厳しい場面で、きっちり左対左でバントができる。これは完璧なバントですよ」と評価。川端のサヨナラ打について川相氏は「やっぱり嬉しいでしょうね。左対左で任されて出ていって、きっちりと捉えた。さすが川端だと思います」と絶賛した。

 また、今季のヤクルトについては「ヤクルトの昨日、今日という戦いを見て、ベンチワークとそれに応える選手たち。今の2位にいるというのは、本物だなと。しぶといチームに今年は変身しているなという印象です」と分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM