ニュース

中日、逆転負けで3カード連続負け越し…救援陣乱れ8回以降7失点、福2敗目

無断転載禁止
中日・福敬登(C)Kyodo News
2020.07.26 14:00
中日ドラゴンズ 3 終了 9 阪神タイガース
ナゴヤドーム
● 中日 3 - 9 阪神 ○
<9回戦・ナゴヤドーム>

 逆転勝ちの阪神が2勝1敗でカード勝ち越し。敗れた中日は3カード連続の負け越しとなり、借金は再び今季最多の「8」となった。

 中日は3回、9番・梅津の中前打を口火に一死一、二塁の好機を作ると、3番・阿部が右前適時打を放ち先制。4番・ビシエドも左前適時打で続き2点目を加えた。4回は7番・福田が今季1号ソロを右翼席へ。3-0と試合の主導権を握った。

 先発の梅津は、バックの失策に足を取られながらも6回4安打2失点(自責点1)と力投。今季3勝目の権利を持って降板した。逃げ切りを図り7回から継投策に入ったが、イニングをまたぎ8回のマウンドに上がった3番手・福が、四球絡みで二死一、二塁とし、6番・福留に同点適時打を浴びた。

 中日ベンチはここで、福から同じ左腕のゴンサレスにスイッチ。新助っ人は7番・梅野に逆転適時打を左前へ運ばれたあと、続く木浪の痛烈な打球を三塁・溝脇がファンブル。その後、代打・中谷に左前2点適時打、1番・近本には右前適時打と計3本の適時打を浴び、3-7と一気に突き放された。

 9回には5番手の橋本が、4番・大山に左越え2ランを浴び8回以降だけで計7失点。3番手の福に今季2敗目(2勝)が記された。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西