ニュース

広島大逆転勝利!會澤2打席連発5打点 DeNAは8回以降10失点、再び借金「1」

無断転載禁止
8回に左越えソロを放つ広島・曾澤=横浜
● DeNA 6 - 10 広島 ○
<8回戦・横浜>

 広島が大逆転勝利で連敗を「2」でストップ。DeNAは連勝が「3」で止まり、再び借金「1」となった。

 広島は6点を追う8回、それまで封じられてDeNA先発・平良に対し、1番・西川、2番・安部の連打で1点を返すと、代わった石田に対し、一死一、三塁から5番・松山の右犠飛で2点目を奪った。さらに3番手のパットンに対し、6番・堂林が右越え6号2ラン、続く會澤は左越え1号ソロと2者連発。5-6と1点差に迫った。

 9回は相手守護神・山崎を攻め、4番・鈴木誠の中越え適時打で同点。さらに一死満塁から、會澤が2打席連発となるグランドスラムを右翼席へ運んだ。8回に続く2イニング連続の5得点。10-6と試合をひっくり返した。

 先発の遠藤は2回5失点で降板するも、2番手・島内が2イニングをパーフェクトに抑えるなど救援陣が好投。6番手の菊池保が今季初白星(1セーブ)を手にした。

 DeNAは2回、6番・ソトの中前2点適時打、1番・梶谷の右越え6号3ランで5点を先制。5回は2番・オースティンが、バックスクリーンの電光掲示板を直撃する4号ソロを放ち6-0とリードを広げた。

 投げては今季好調の先発・平良がこの日も丁寧な投球。打線の援護にも恵まれ7回までゼロを並べたが、続投した8回に3連打を浴びるなど、8回途中3失点で降板した。その後、3番手・パットン、5番手・山崎が打ち込まれ、8回以降にまさかの10失点。4連勝を逃し、満塁被弾の山崎は3敗目(6セーブ)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西