ニュース 2020.07.28. 22:54

ロッテ・井上晴哉が3発5打点の大暴れ! 起死回生の“左下手投げ”が炸裂

無断転載禁止
ロッテ・井上=ZOZOマリン
2020.07.28 18:00
千葉ロッテマリーンズ 13 終了 12 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン

6連戦の初戦から雨中の大乱戦


 ロッテの井上晴哉選手が28日の楽天戦で3本塁打5打点の活躍を見せ、チームを勝利に導いた。

 井上は2回、ヒットで出塁した4番・安田尚憲を一塁に置いて打席に入ると、楽天の先発・石橋良太の直球を右翼席へ。この一打でチームに先制点をもたらすと、そこから打線がつながり打者一巡の猛攻でロッテは4点を奪取した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 井上は続く3回の第2打席を先頭打者として迎えると、再び石橋から「右上手投げという感じで決まった」と振り返った7号ソロを右翼席に放ち加点。試合は4回までにロッテが9-5とリードする展開だったが、先発の美馬学と中継ぎ陣が踏ん張り切れず、5回に1点、6回には5点を奪われて逆転を許してしまう。

 さらに8回にも島内宏明のソロで加点され、3点差となったが、その裏に中村奨吾のソロで2点差に詰め寄ると、ヒットで出塁したマーティンを一塁に置いて打席に入った井上が「左下手投げという形で決めさせていただきました」と振り返った一発を左翼席に放り込み、試合を振り出しに戻した。

 ロッテの日本人選手では1990年の初芝清以来30年ぶりの1試合3ホーマーで息を吹き返したチームは、12-12で迎えた9回ウラに一死満塁の好機を作り出し、最後は中村の押し出し死球でゲームセット。6連戦の初戦から4時間27分に及んだ大乱戦はロッテに軍配が上がり、貯金への返り咲きに成功した。

 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西