ニュース

広島、投手戦制し最下位脱出 野村8回0封で今季初勝利、鈴木誠が決勝2ラン!

無断転載禁止
広島・野村祐輔
2020.07.29 18:00
広島東洋カープ 2 終了 0 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 2 - 0 中日 ●
<8回戦・マツダスタジアム>

 広島は今季初の完封勝利で1日で最下位を脱出。今季2度目の先発となった野村が、8回4安打無失点の快投で今季初勝利を挙げた。

 試合は雨の影響で約30分遅れで開始。それでも広島・野村、中日・松葉の両先発の好投によりハイペースで進行した。野村は5回までパーフェクト投球。6回、先頭の京田に初安打となるセーフティーバントを許したが、後続を退け打線の奮起を待った。

 すると直後の6回裏、二死一塁で4番・鈴木誠が9号2ランを右中間席へ。4番の一発で均衡を破った。

 野村は7回表、先頭からの連打で無死一、二塁のピンチを招いたが、4番・ビシエドを注文通りの三ゴロ併殺斬り。三塁・堂林の軽快なフィールディングも光った。野村は8回もゼロを刻み、計97球、4安打無失点、2奪三振無四死球の快投でお役御免。9回を3者連続三振で締めたフランスアは今季初セーブ(1敗)を記録した。

 中日は完封負けで再び最下位転落。先発の松葉は7回5安打2失点と力投したが、打線の援護なく今季初黒星(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西