ニュース

ソフトバンク首位固め!3連勝でパ最速20勝 2連敗の西武は貯金消滅

無断転載禁止
ソフトバンク・和田毅
2020.07.29 18:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 2 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 4 - 2 西武 ●
<8回戦・PayPayドーム>

 3連勝のソフトバンクはパ・リーグ最速で20勝到達。貯金を今季最多の「6」とし、首位の座をガッチリと守った。

 ソフトバンクは初回、西武先発・松本に対し、1番・周東が中越え三塁打を放ちチャンスメイク。続く今宮の中犠飛で幸先よく先制した。一死後、3番・柳田、4番・中村晃の連打で再び一、三塁の好機。5番・栗原も中前適時打で続き、クリーンアップの3連打で2点目を奪った。

 2回は周東の右犠飛で3点目。2点差に詰め寄られた5回は、柳田が10号ソロを左中間席へ運び「打ったのはストレートです。甘く来た球を1球で仕留めることができました。ホームランで1点取られた後だったので、1点返せて良かったです」と振り返った。

 先発の和田は6回までソロ被弾による1失点。連打を浴びた7回に2点目を失い降板したが、続くピンチを2番手・嘉弥真が凌いだ。和田は7回途中6安打2失点で無傷の3連勝。今季初めて本拠地のお立ち台に上がり「高谷がうまく配球してくれた。良いピッチングができました」と女房役に感謝した。

 西武は2連敗で貯金が消滅。2番・森、3番・山川、4番・外崎と組み替えた打線が不発で、5回7安打4失点の先発・松本は3敗目(1勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西