ニュース

DeNAが“新・勝利の方程式”で逃げ切る!7回山﨑、三嶋プロ初セーブ

無断転載禁止
DeNA・ラミレス監督
2020.07.29 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 3 DeNA ○
<8回戦・東京ドーム>

 DeNAが前カードからの連敗を「2」でストップ。配置転換した中継ぎリレーで1点差を守りきった。

 DeNAは3回に1番・梶谷隆幸の7号ソロで先制し、5回に8番・髙城俊人の2号2ランで加点。相手先発の戸郷翔征から一発攻勢で3点のリードを奪う。

 先発の濵口は6回に2番・丸佳浩、5番・ウィーラーにソロ弾を浴び、5試合連続で6回途中降板となるも、後を受けた平田慎吾が走者を背負いながら、なんとかリードを保ったままリレー。

 7回のマウンドには、28日終了時点で防御率8.74と不安定な投球が続いていた守護神・山﨑康晃を送り出し、内野安打をキッカケに二死三塁のピンチを迎えるも、最後は3番・坂本勇人を中飛に打ち取り無失点。

 8回はパットン、9回は三嶋一輝がスコアボードにゼロを刻み、6回途中2失点だった濵口が今季2勝目、8年目の三嶋がプロ初セーブ(今季0勝1敗)を手にした。

 “新・勝利の方程式”で1点リードを守りきったDeNAのラミレス監督は、山﨑の7回起用について「試合前に決めた。いつもよりプレッシャーの少ない場面でしっかり投げてもらおうということ。彼にとってもチームにとっても良かったと思う」とコメントした。

 DeNAはこれで勝率5割復帰まであと1勝。2カード連続の勝ち越しにも望みを繋いだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西