ニュース

山崎武司氏、“7回”に登板したDeNA・山崎に「元気のない顔をして…」

無断転載禁止
DeNA・山﨑康晃
2020.07.29 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 3 DeNA ○
<8回戦・東京ドーム>

 DeNAの山崎康晃は、勝ちゲームの“9回”ではなく、この日は1点リードの7回からマウンドにあがった。

 3-2の7回から登板した山崎は先頭のパーラをツーシームで投ゴロに打ち取るも、続く代打・重信慎之介を遊安で出塁を許す。丸佳浩を空振り三振に仕留めたときに、スタートを切っていた一塁走者の重信に二塁盗塁を決められた。得点圏に走者を背負った山崎は、坂本を2ボールからツーシームを中飛で1回を無失点に抑えた。

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた山崎武司氏は「山崎を見ていると、元気のない顔をして投げていますよね。ぼんやり覇気のない顔をしている」とコメント。

 また、坂本を中飛に打ち取った場面については「ツーシームですけど、ヒヤヒヤですね。ちょっと詰まったんで、そのぶん飛びませんでしたけど、早期に走り込みすれば(不調は)直ると思います。暑い夏、しっかり練習して体を絞った方がいいですね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM