ニュース

西武、鷹に快勝し連敗ストップ 森とスパンジーが3長打、與座5回0封で2勝目

無断転載禁止
3回に中越えソロを放つ西武の森
2020.07.30 18:00
福岡ソフトバンクホークス 0 終了 6 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム
● ソフトバンク 0 - 6 西武 ○
<9回戦・PayPayドーム>

 投打が噛み合った西武が完封勝利。連敗を「2」で止め、貯金を再び「1」とした。

 西武は初回、プロ初先発のソフトバンク・板東に対し、一死から2番・森が中越え二塁打で出塁。続く3番・山川は左翼線へ力で運ぶ適時打を放ち先制した。2回は7番・スパンジェンバーグの左越え4号ソロで2点目。3回は森が3号ソロを右中間席中段へ運び3-0とリードを広げた。

 5回にも森が、4号2ランを右翼席へ運び板東をノックアウト。6回には前の試合から9番に下がっている源田が左前適時打を放ち6点目を奪った。森は二塁打と2本塁打で計3長打。スパンジェンバーグもソロ本塁打、二塁打、三塁打と第4打席にサイクル安打の可能性を残したが、最後は見逃し三振に倒れた。

 先発の與座は3回まで1安打投球。3点リードの4回は先頭からの連打で無死二、三塁のピンチを招いたが、5番・栗原、6番・上林をいずれも内野ゴロに仕留め走者を釘付け。二死から7番・松田宣は中飛に退け1点も許さなかった。

 與座は5回80球、4安打無失点3奪三振の快投で2連勝(2敗)。降板後「今日は初回から点を取って援護してくれたので、1回裏から気楽に投げることができました。特に相手がホークスだということを過剰に意識することなくマウンドに上がることができたと思います。回が進むにつれ、強力打線を相手にゼロで抑えられたら自信もつくだろうと思って気を抜かずに投げました。途中、危ない場面もありましたが、何とかゼロで抑えられたので良かったです」と振り返った。

 6回以降も佐野、平井、森脇が無失点リレー。連敗スタートとなった敵地6連戦の3戦目で嫌な流れを食い止めた。

 ソフトバンクは投打とも振るわず連勝は「3」でストップ。プロ初登板の板東は、5回途中3被弾含む7安打5失点でプロ初黒星を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西