ニュース

広島-中日戦は延長10回4対4のドロー 3連戦は1勝1敗1分の痛み分け

無断転載禁止
広島・堂林翔太
2020.07.30 18:00
広島東洋カープ 4 終了 4 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
広島 4 - 4 中日
<9回戦・マツダスタジアム>

 延長10回、今季の特例により引き分け。この3連戦は1勝1敗1分けの五分で終えた。

 広島は1-2と1点を追う4回、4番・鈴木誠、5番・松山の連打で無死一、二塁の好機を作り、一死後、7番・堂林が7号3ランを左中間席へ運び4-2と逆転した。今季未だ勝利のない先発・K.ジョンソンは、6回6安打2失点と好投。今季初勝利をリリーフ陣に託したが、2点リードの7回に登板した2番手・菊池保が、3安打を集中され同点に追いつかれた。

 中日は先発の岡野が4回4失点で降板。2点を追う7回は、代打で登場したドラフト5位・岡林のプロ初安打などで二死満塁とし、4番・ビシエドが試合を振り出しに戻す2点適時打を中前へ運んだ。

 8回以降スコアは動かず、広島は今季4度目、中日は同2度目の引き分け。5位・広島、6位・中日の順位も変わらずとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西