ニュース

巨人・メルセデス、6回まで無失点も…大矢氏「乗り越えてくれないと」

無断転載禁止
巨人のメルセデス(C)Kyodo News
2020.07.30 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 DeNA ○
<9回戦・東京ドーム>

 巨人の先発・メルセデスは6回まで無失点に抑えていたが、7回に2点を失い、6回2/3を投げて5安打、2失点だった。

 0-0の6回に吉川尚輝の適時打で1点を先制した直後の7回、メルセデスはソト、佐野恵太を打ち取り簡単に二死としたが、ロペスにレフト前に運ばれると、宮崎敏郎に四球で一、二塁。代打・嶺井博希、倉本寿彦に適時打を浴び、逆転を許した。

 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は嶺井に適時打を浴びた後、「メルセデスは疲れがきていますよね。これを自分で乗り越えてくれないと、柱として成り立っていかないんですよね」と話し、降板後には「原監督の気持ちはよくわかりますよね。もう一歩前で代えてもよかったんですけど、メルセデスにどうしても一本立ちさせたいというね」と語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM