ニュース

ソフトバンクが本拠地従業員のコロナ陽性を公表 チームの活動には影響なし

25日に案内業務、27日にPCR検査


 ソフトバンクは31日、業務委託先のアルバイト従業員が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと公表した。

 球団の発表によると、陽性判定を受けたのは7月25日にPayPayドームの場内案内業務に従事していた20代の男性。27日に体調不良のためPCR検査を受検したところ、29日に新型コロナウイルス陽性と判定されたとのこと。

 男性は就業時に常時マスクを着用しており、観客と接触・会話をする機会もなかったことから、来場者への感染リスクはないと保健所も判断。就業場所での濃厚接触者と判断された人はいないという。

 なお、陽性判定されたアルバイト従業員は、チームと接触がない部門で勤務しており、今後のチーム活動に影響はなし。球場は男性が業務していたエリアを中心に消毒作業を完了しており、チームも従前の予定通り活動を継続するとしている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西