ニュース

エンゼルス大谷が2戦連発2号アーチ!天敵のサウスポーに苦戦も9回反撃弾

無断転載禁止
エンゼルスの大谷翔平
● エンゼルス 5 - 8 マリナーズ ○
<現地時間7月30日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が30日(日本時間31日)、本拠地で行われたマリナーズ戦に「5番・指名打者」でスタメン出場。9回の第4打席に2戦連発となる2号3ランを放ち、4打数1安打1盗塁3打点の活躍だった。

 この日は昨季まで通算7打数ノーヒットと抑え込まれていたマリナーズの先発・ゴンザレスに苦戦。2回一死走者なしの第1打席はカットボールを追いかけ3球三振。5回の先頭打者で迎えた第2打席は低めのカットボールをすくい上げるも、打球はフェンス手前で失速し右飛に終わった。

 1点差に詰め寄った7回も三たびゴンザレスと対峙し、無死一塁で外角のカットボールを引っ掛けニゴロの併殺崩れ。直後の6番・プーホールズの打席で今季初盗塁となる二盗を決めたものの、天敵の前に通算10打数ノーヒットと、きょうも快音を響かせることはできなかった。

 それでも、6点差に突き放された9回一死一・二塁の第4打席、前夜の最終打席で中飛に抑え込まれた右腕・アルタビラと相対すと、カウント2-2から159キロの速球を中堅後方へ弾き返し反撃の2号3ラン。やや詰まったかに見えた打球がぐんぐん伸び、2戦連発のアーチをかけた。

 エンゼルスは大谷の一発で3点差に詰め寄るも、最後はプーホールズ、ウォードが倒れゲームセット。9回の大量5失点が響き、反撃及ばず2連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西