ニュース

広島・森下、力強い直球を投げるも…江本氏「配球をもっと考えないと」

無断転載禁止
広島・森下暢仁
2020.07.31 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 1 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 広島 ●
<7回戦・東京ドーム>

 広島のドラフト1位・森下暢仁は、首位・巨人戦に先発し、5回を投げ、100球、4安打、4奪三振、6四死球、2失点で2敗目を喫した。

 森下は初回に3つの四球で満塁のピンチを招くなど、3回までに6四死球もノーヒットに抑える。特にストレートは力強く、2回に吉川尚輝を見逃し三振に仕留めたストレートに『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今のは、速すぎて手が出ないんですよ。コース的にはやや外目の高めのボールですけど、手が出ないんですよ。腕の振りと、くる速さにね。いかにストレートの威力がすごいかということでしょうね」と絶賛した。

 また、森下の投球フォームに「出所がみにくい投手なんですよ。まっすぐの速さは、バッターボックスで特に感じるんじゃないんですか。いいまっすぐを投げるね」と太鼓判を押した。

 江本氏も絶賛するストレートを投げていた森下だが、1-0の4回二死二塁から亀井善行にカットボールをセンター前に弾き返される適時打を浴びると、丸佳浩にもカットボールをライト前に適時打を浴び逆転を許した。

 江本氏は「こういう状況になったらすぐに変化球に頼ってしまう。いざ投げる球がないので、まっすぐを投げると打たれる。それはなぜかといったら、コントロールがなくなってくるから。ストライクを投げろというところにしかこないからね。悪循環になりますよね。もったいないですよね」と苦言を呈した。

 続けて江本氏は「配球をもっと考えないとね。それとピッチャーはアマチュアでも変化球で打ち取っているので、投げたくて仕方がないんですよ。そこをいかに抑えるのかというのがキャッチャーのリードなんですけどね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM