ニュース

ソフトバンク・柳田が月間32得点のプロ野球タイ記録「チームメイトに感謝」

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田 (C) Kyodo News
2020.07.31 18:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 4 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム

2013年8月の村田修一以来3人目


 ソフトバンクの柳田悠岐選手が31日に行われた西武戦の3回、四球を選んで出塁すると、栗原陵矢の適時打でホームを踏み、月間32得点のプロ野球タイ記録をマークした。

 柳田は今回のタイ記録を受け、「自分一人の力じゃ無理な記録なので、チームメイトに感謝しています。チームも勝てましたし、得点が多ければチームの勝利に貢献できるので、月も変わってまた明日から頑張ります」とコメント。7月だけで「9」もの貯金を作ったチームをけん引した男が、今後のさらなる活躍を誓った。

 7月の柳田は26試合に出場して、打率.443、7本塁打、出塁率.558、長打率.818という驚異的な数字をマーク。さらに、後ろに控えることが多かった中村晃が得点圏打率.600と活躍したこともあり、2013年8月に村田修一(巨人)が記録して以来となる月間最多記録に並んだ。

 なお、2リーグ制となってから月間32得点を記録したのは、前述の村田と広瀬叔功(南海/1964年5月)の2人だけだった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西