ニュース

中日、連勝で5カードぶりの勝ち越し 勝野が8回4安打1失点で今季初勝利!

無断転載禁止
勝野(右)とA.マルティネス(左)の中日バッテリー
2020.08.01 14:00
中日ドラゴンズ 3 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
○ 中日 3 - 1 ヤクルト ●
<8回戦・ナゴヤドーム>

 中日がヤクルト相手に2連勝。5カードぶりの勝ち越しを決めた。

 中日先発の勝野は、6回無失点だった7月25日の阪神戦(ナゴヤドーム)同様、初回から安定した投球。今季初勝利へ向け序盤3回をパーフェクトに抑えた。1点リードの4回、二死二塁で4番・村上に左前適時打を浴び同点。6回も二死三塁で再び村上を打席に迎えたが、最後は渾身の150キロ真っ直ぐで空振り三振に仕留めた。

 勝野を援護したい打線は8回、先頭の8番・福田が、左翼線へ長打を放ち二塁ベースにヘッドスライディング。続く代打・武田の犠打が相手先発・小川の失策を誘いチャンスを広げると、無死満塁で2番・大島が、勝ち越しとなる2点適時打を右前へ運んだ。

 勝野はプロ入り最長となる8回を投げ、4安打1失点、6奪三振無四死球の快投。今季4度目の先発で待望の今季初勝利(2敗)を手にした。9回はR.マルティネスが3者凡退締め。今季5セーブ目(1勝)をマークした。

 ヤクルトは敵地で2連敗。打線が4安打1得点と振るわず、8回途中5安打3失点(自責点1)の先発・小川は今季初黒星(4勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西