ニュース

ロッテ、楽天に粘り勝って5割復帰 角中追撃1号&同点打、藤岡V犠飛!

無断転載禁止
ロッテ・藤岡裕大(C)Kyodo News
2020.08.02 17:00
千葉ロッテマリーンズ 7 終了 6 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン
○ ロッテ 7 - 6 楽天 ●
<12回戦・ZOZOマリン>

 ロッテが2点を追う8回に3点を奪い逆転勝ち。楽天との6連戦を3勝3敗の五分で終え勝率を5割に戻した。

 ロッテは3-5と2点を追う7回、代打・角中が1号ソロを右翼席へ運び1点差。再び2点を追いかける8回は、3番・マーティンの右越え8号ソロで1点差に詰め寄ったあと、一死満塁の好機で再び角中が、同点適時打を右前へ運んだ。なおも一死満塁と好機は続き、途中出場・藤岡の左犠飛で逆転。一気に試合をひっくり返した。

 先発の中村稔は5回3失点(自責点2)で降板。4回にバッテリーミス絡みで3点を失ったが、3回までは楽天打線をパーフェクトに封じた。1点リードの9回は抑えの益田が11セーブ目(1勝2敗)締め。4番手のチェンが今季初白星を手にした。

 楽天は今季初登板初先発の福井が、5回2安打1失点と好投。打っては5番・ロメロが、10号、11号と2打席連続2ランを放つなど先手を奪う展開が続いた。しかし、救援陣が失点を重ね6回以降に6失点。2点リードの8回に乱れた5番手・酒居が、古巣相手に移籍後初黒星(1勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西