ニュース

ロッテ・藤岡、決勝犠飛「どういう形でも…」

無断転載禁止
8回ロッテ一死満塁、藤岡が勝ち越しの左犠飛を放つ=ZOZOマリン (C) Kyodo News

決勝の犠飛


 途中出場のロッテ・藤岡裕大が、決勝の犠飛を放った。

 この日は7月30日の楽天戦以来のベンチスタートとなった藤岡は「いつ言われてもいいように、5回以降はしっかり体を動かしてストレッチをして準備ができていた」と、4-5の7回に代打で出場。第1打席は中飛に倒れたが、角中勝也の適時打で同点に追いつき、なお一死満塁と好機の場面で2打席目が回ってきた。

 「死球でもいいので、どういう形でも本当に1点が取れれば…」。楽天の宋家豪が投じた初球の外角チェンジアップを逆らわずに打ち返すと、レフトへのフライとなり、三塁走者の菅野がタッチアップ。菅野がホームに生還し、勝ち越しの犠飛となった。


試合前練習では2度のティー打撃


 今季は開幕からショートのレギュラーで出場し、得点圏打率.320と勝負強い打撃を見せているが、打率は.212と低迷している。本人も「バッティングの状態がとても悪く、ボールもそんなによく見られていない」と話す。

 こうした状況を打開しようと、2日の試合前練習では守備練習、ティー打撃、打撃練習、走塁練習といった個人の練習が終わったあとも、再びバットを持ってティー打撃。普段は打撃廻り最終グループの鳥谷敬、清田育宏がティー打撃を終えたあとは、ティー打撃を行う選手はいない。そんな中、10分以上黙々とティー打撃を行っていた姿が印象的だった。

 また、試合出場がなかった7月30日の試合前練習でも、普段はメニューに組み込まれていないロングティーを行い、ロングティー後には河野亮打撃コーチと話し合っている場面も見られた。

 「シーズンが始まって苦しい打撃が続いていますけど、いつか良くなると信じてやっていきたいなと思います」。自身の調子を上げようと、そしてチームの勝利に貢献しようと、必死にバットを振っている。その結果が、この日の決勝の犠飛に繋がったのかもしれない。

文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西